京都市会議員 森田守のオフィシャルWebサイトです。

京都市会議員 森田守

京都市会議員 森田守事務所

615-0027 京都市右京区西院西三蔵町9-1Connect西院2F
TEL&FAX:075-313-0023

ご相談・お問い合わせ

日本は約10年前から、「人口減少社会」に入り、その中でも特に「少子高齢化」が大きな問題になっています。総人口は、2010年から2060年にかけて、1億2806万人から8674万人に減少、一方で高齢化率は10.3%から39.9%へと大きく上昇すると言われています。同時に有権者の当然高齢化が進むと、どうしても高齢者にとって不利な政策は行われない傾向が強まり、その結果、負担が子や孫の世帯に先送りされることになります。こうした厳しい現実を市民の皆様にも理解してもらい、私たちの世代の課題は私たちの世代で解決するという意識を啓発していかなければなりません。京都市では合計特殊出生率が1.30と、全国の1.46と比較してもさらに低くなっており、この現実を見据えた政策を進めていく必要があります。子育て環境日本一を目指す京都市において、目標に対し結果が数値として現れるよう、私も、様々な場面で、京都市に対し、提案を行っていきます。

豊かな自然と歴史文化を守

右京区には多様な個性を持つ地域があります。京北や水尾、宕陰をはじめとする北部山間地域には、豊かな自然が残っていますが、少子高齢化で農林業の後継者が不足し、自然環境の維持保全が難しくなってきています。南部の市街地には、工業地域と共に、映画産業などの地場産業、また京都の伝統産業を担う職人の方々が多く、ものづくりのまちとなっています。これらの豊かな自然や歴史文化を継承させていくことが課題であり、昨年導入された森林環境税を活用し、また京都市伝統産業活性化推進条例に基づき、京都ブランドを世界に発信していくよう努めます。

市民の足を守

京都市では、クルマを重視したまちと暮らしを、「歩く」ことを中心としたまちと暮らしに転換する政策「歩くまち京都」の実現を進めています。四条通の歩道拡幅や京都駅の八条口駅前広場の再整備などが主な事業ですが、右京区においても、阪急西院駅のバリアフリー化や周辺生活道路の安全な歩行空間の確保を行っています。また天龍寺、高山寺、仁和寺、龍安寺などの世界文化遺産をはじめ多くの観光地においても、歩行空間の拡大と充実を進め、すべての人の移動を支援するユニバーサルデザインの向上を図っていかなければなりません。

地域づくりを守

マンションの建設ラッシュなどにより、地域のつながりが希薄となり、自治会やPTAをはじめとする様々な地域活動に支障が出始めています。しかしながら、「遠くの親戚より近くの他人」という言葉にもあるように、市民一人一人が安心安全に生活するためには、地域の支えあいが不可欠です。議会においては自治体の加入率向上や、小学校におけるクラス名簿の作成などを議論し、地域においても私自身消防分団やPTA活動を通じ、世代を超えたつながりづくりを進めていきます