京都市会議員 森田守のオフィシャルWebサイトです。

京都市会議員 森田守

京都市会議員 森田守事務所

615-0027 京都市右京区西院西三蔵町9-1Connect西院2F
TEL&FAX:075-313-0023

ご相談・お問い合わせ

京都市政について

これまでから京都市は、動物愛護センターや消防学校の共同化など、京都府との府市協調は大きな成果を挙げてきたとアピールしています。それらの取り組みは一定の成果を挙げてはいるものの、京都府と京都市の間には、公営住宅、消費生活センターなどをはじめ府市協調によってまだまだ効率化できる施策が数多くあります。市会のチェック機能を発揮し、人件費総額の抑制や市債残高の縮減、時には民間活力を活用することでコスト縮減などの行財政改革をさらに進めていかなければなりません。京都市会だけでなく京都府議会とも連携し、オール京都の取り組みを加速させていきます。

アベノミクスの成果により大都市、大企業中心に回復基調にある景気を、京都の中小企業、地場産業や市民の皆様が実感できるよう、さらなる京都市独自の施策を拡充することが重要です。京都には、私達の先人が育ててくれた世界に誇る「京都」ブランドがあり、それを武器に、観光関連産業の推進、知恵産業の育成、中小企業・ベンチャー企業の成長支援、地域を支える商店街の発展、伝統産業の活性化、農林業の振興など、京都の強みを最大限に生かし、経済のさらなる活性化を図ることが、安定した正規雇用の創出にもつながると考えます。

京都から世界へ

京都には山紫水明の自然景観や町家などの歴史的町並みが残り、多くの世界遺産をはじめとする歴史に育まれた建造物また伝統文化があります。そしてまた、それらの中で培われた伝統産業が発展してきました。これらの歴史・伝統・文化を未来へとしっかりと継承していくことは今を生きる我々に課せられた使命です。また、文化庁の全面的京都移転が決定し、2020年に東京オリンピック・パラリンピック、2021年には関西ワールドマスターズゲームズ2021を控えています。京都市民一人ひとりが、文化首都京都を支えるにふさわしい文化力を身につけ、世界に誇る文化首都京都の実現のため、たゆまぬ努力をしていきましょう。

京都の未来

私は夏に5人目の子どもが産まれる予定です。子育て世代の方々の思いを届けて、私たちの子どもの世代、孫の世代に負の遺産が残らないよう責任ある政治を行うことは私たちの世代に課せられた使命だと思っています。子ども医療費の負担軽減や、国基準の「保育所待機児童ゼロ」に縛られない、多様な保育ニーズに対する子育て支援、すべての子どもの可能性を最大限に伸ばす教育環境の充実とともに、「真のワーク・ライフ・バランス」を推進します。また平均寿命が長くても、健康で自立した日常生活を送ることが出来なければ豊かな人生を送ることは出来ません。高齢者の方々が、地域社会で活躍できる社会を実現し,併せて医療費や介護給付費等の社会保障関連経費の伸びを抑制していくため、「健康寿命」の延伸に力を入れ、すべての世代が住みよい京都を目指します。